島木赤彦の家が保存されています

2018年2月6日(火)
赤彦記念館のつづき
島木赤彦が暮らしてた家が車で5分くらいの場所に保存されています。
20180205赤彦生家 (8)
左側に見下ろすように諏訪湖が望める高台にあります。

20180205赤彦生家 (5)
赤彦記念館からも歩けますが、車の場合は写真の路地は入れません。この道路の先を左折して迂回するように駐車場(家より上にあります)へ向かってください。

P2050481.jpg
左側に駐車場、右へ歩くと赤彦のお墓があります。

20180205赤彦生家 (4)
石畳みたいな歩道の先(写真右側)が駐車場方面です(車でお越しの場合、駐車場から下りながら歩いてこれます)。歩道を下ると先ほどの「赤彦の家」の看板があった露地です。

20180205赤彦生家 (7)
お蔵の横を過ぎると赤彦住居があります。

P2050491.jpg
建物内を見学するのは予約制でした。

P2050489.jpg
諏訪周辺で「アララギ」というお店や店舗の屋号を見るときがあります。それは、島木赤彦の発行した「日本の短歌結社誌アララギ」からもらったんでしょうかね?

善光寺!岡部さん御一行が行ってきました!

2017年11月26日(日)
岡部さん御一行は御射鹿池からなんと「善光寺」まで足を延ばしましたよ!
岡部さんの写真集 (11)
流石!秋も終わって閑散期かと思いきやたくさんの旅行者がいますね。定額山(じょうがくさん)は善光寺の山号ですね。

岡部さんの写真集 (9)   岡部さんの写真集 (10)
向かって左側の「阿形像(あぎょう)」     右側の「吽形像(うんぎょう)」

岡部さんの写真集 (15)
仁王門を通ると参道にこの人出!

岡部さんの写真集 (18)
山門です。

岡部さんの写真集 (19)
楼上に善光寺の額がありますね。鳩字の額で、5羽の鳩が隠されているそうで、「善」文字が牛に見えるから「牛に引かれて善光寺参り」となったと善光寺HPにありました。牛はともかく鳩は何処に隠してあるんですかね?

岡部さんの写真集 (21)
本堂です。4年後に恵方柱が立ちます。またまた大勢の人たちで賑わいますね。

おまけ
岡部さんの写真集 (17)
参道で絶品の団子に出会ったそうです。

御射鹿池!岡部さん御一行が行って来ましたよ!

2017年11月27日(月)
岡部さん御一行から写真データを頂きました!この時期の御射鹿池は寒そぉ~!!
岡部さんの写真集 (3)
写真撮影の時刻は9:30頃、気温マイナス5度だったそうです。池の渕も凍ってますね。

岡部さんの写真集 (1)
寒いですが池の湖面は鏡の様です。

岡部さんの写真集 (8)
御射鹿池の駐車場整備も終わりたくさんの旅行者で賑わった秋も終わって冬に向かっています。御射鹿池の前を通る道路「湯みち街道」は雪が降っても直ぐに除雪車が出動します。路線バスのルートなので茅野市が何処より早く除雪するので冬用タイヤ装備で真冬でも池まで行けますよ!是非、冬シーズンもお越しください。

新型スーパーあずさ 茅野駅に登場!

2017年10月13日(金)
茅野駅に「新型スーパーあずさ」が停車してました。
PA131680.jpg
いつもの駅前の踏切を渡ると「おおお!」

茅野駅に停車中の量産型新スーパーあずさ (3)
急いで陸橋を渡り上から!

茅野駅に停車中の量産型新スーパーあずさ (2)
いいね!

茅野駅に停車中の量産型新スーパーあずさ (1)
駅の自由通路の窓から!

茅野駅に停車中の量産型新スーパーあずさ (4)
連結部も真新しいです。

新型スーパーあずさは12月から新旧車両の入替えが始まります。乗車できる日が楽しみですね。


澤井さんより今年の白駒池紅葉の写真をいただきました!

2017年10月13日(金)
澤井さんから秋の白駒池の写真をいただきました。今年の秋は雨や曇りが多いですが紅葉はちゃんとやってきました。
2017_1005_061924-DSC_8166.jpg
池の波紋と紅葉がきれいですね。この位置だと対岸からの距離はかなりある?

2017_1005_074715-DSC_8178.jpg
薄曇りの光りでも赤さが目立ちますね。

2017_1005_083603-DSC_8224.jpg
終焉に向かう紅葉です。今年も異常気象で紅葉シーズンが心配でしたが、季節はちゃんとやってきますね。

2017_1005_095545-DSC_8251.jpg
白駒池の遊歩道?八千代へ向かう途中?白樺の林はなかなか無いですからね。どこの森でしょうか?

澤井さんには毎回季節の写真をいただい感謝です。次回はどこの写真撮影でお出かけでしょうか?お待ちしてます。
プロフィール

MEE悠心荘

Author:MEE悠心荘
只今、国道20号沿いでは地元の名産品「寒天」の生産がピークです。マイナスの気温と晴天の確率が高い諏訪エリアの冬の風物詩です。悠心荘でも今の時期だけ食べれる「生寒天のところてん」を朝食時にお出ししてますよ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード