島木赤彦の家が保存されています

2018年2月6日(火)
赤彦記念館のつづき
島木赤彦が暮らしてた家が車で5分くらいの場所に保存されています。
20180205赤彦生家 (8)
左側に見下ろすように諏訪湖が望める高台にあります。

20180205赤彦生家 (5)
赤彦記念館からも歩けますが、車の場合は写真の路地は入れません。この道路の先を左折して迂回するように駐車場(家より上にあります)へ向かってください。

P2050481.jpg
左側に駐車場、右へ歩くと赤彦のお墓があります。

20180205赤彦生家 (4)
石畳みたいな歩道の先(写真右側)が駐車場方面です(車でお越しの場合、駐車場から下りながら歩いてこれます)。歩道を下ると先ほどの「赤彦の家」の看板があった露地です。

20180205赤彦生家 (7)
お蔵の横を過ぎると赤彦住居があります。

P2050491.jpg
建物内を見学するのは予約制でした。

P2050489.jpg
諏訪周辺で「アララギ」というお店や店舗の屋号を見るときがあります。それは、島木赤彦の発行した「日本の短歌結社誌アララギ」からもらったんでしょうかね?
プロフィール

MEE悠心荘

Author:MEE悠心荘
松本の松本市美術館で草間彌生「私の愛のすべて」企画展が開催されています。そんな訳でツーショット!そんな記念撮影の場所もありますよ!企画展は2018年7月22日が最終日!松本市で生まれ育った草間彌生の世界をご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード