蓼科の野菜「がんばってま~す」

10/26(水) 祝!悠心荘20周年まであと259

びっくりしましたね!なんと!9月末で収穫が終わってしまった「篠原園芸」さんのトマトが復活??してるじゃないですか!気温も下がって木も弱ってきたので9月末で終わってしまったあの美味しいミニトマトが、その後ほっぽらかしにしてたら、ビニールハウスの中で育ってて「食べごろ」になったとか!
1026え~?まだトマトOK? (4)流石にほっぽらかしにしてたことはありますね!みんな伸び放題でした!

1026え~?まだトマトOK? せっかくなのでもぎ取りを!
篠原さんもびっくりのトマトの生命力でした!まだ緑色のトマトもたくさんあったので、このまま暖かければ収穫再開できるかも・・・?

1026え~?まだトマトOK? (1) 左のハウスにミニトマトが!

そして・・・・
オーガニック無農薬レタスの「ポニーハウス」でも最後に植え込みしたレタスが大きく育ってました。朝晩寒いんですよ~。聞くところによると、レタスは寒さにも強いそうで、この程の寒さだと、上に霜よけをかけておくと昼間の日差しで大きく育つそうです。なるほど!
1026レタスがんばってるよ (2)確かに大きくなってますね!

1026レタスがんばってるよ週末のお客さん用にレタスを少し仕入れました。夕陽でポニーハウスのお母さんもオレンジ色に染まってま~す!

1026レタスがんばってるよ (3)レタス越しの夕陽も如何ですか?

1026レタスがんばってるよ (4)
ほ~ら!こんなに生き生きしてますよ!

更に「宮坂農園」さんでも最後の収穫になったトウモロコシやピーマン、四角豆など今日は蓼科の高原野菜の底力を感じた次第です。
1026野菜椎茸はシイタケ栽培の農家さんからもらった特大版!蓼科野菜まだまだ健在!




プロフィール

MEE悠心荘

Author:MEE悠心荘
只今、国道20号沿いでは地元の名産品「寒天」の生産がピークです。マイナスの気温と晴天の確率が高い諏訪エリアの冬の風物詩です。悠心荘でも今の時期だけ食べれる「生寒天のところてん」を朝食時にお出ししてますよ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード